HOME > もみちゃんブログ > コラム,その他 > 日記: 『閉業』じゃない!!  グーグルさん、なんとかして~。

もみちゃんブログ

日記: 『閉業』じゃない!!  グーグルさん、なんとかして~。

3週間程前・・

元クライアントさん、現在のクライアントさん

 

そして・・知人

 

皆さんから、電話を頂いた。

 

「会社、やってますよね?」
「個人の方の会社、やめちゃったの?」

 

?????

 

『楓女性調査事務所』で検索すると・・

画面右側にこのようなサイトが出て ⇓

赤い帯の左側に 『閉業』とでてしまう。

IMG_2600

 

 

すぐさま、グーグルに問い合わせ。

 

といっても電話番号がわからず、検索をして 東京の電話番号に電話。

 

ガイダンスが流れるが、どれを選択しても

何れかのサイトからの問い合わせのみ。

 

アドワーズに電話をして、やっと・・

『人』と会話ができた。

 

グーグルの関係であるにも関わらず。

 

「こちらでは、わかりかねます」

という回答。

~社員さんですから、どうにもならないのも わかりますけど・・~

 

 

「以前の所在地から、移転している旨を受け、

移転を閉業と選択したようだ」とのこと。

 

 

移転と閉業は、意味合いが全くちがうのでは?

の問いに・・

グーグルでは、移転=閉業という 選択しかないという。

~責任者の彼女を責めてもどうにもならない・・。
むしろ、丁寧な対応を頂けた~

 

 

 

どこでつくられて、どうしたら変更していただけるのか?

そこだけを追求しても・・

「マップチームが担当しているが、連絡する方法は、サイトからの問い合わせのみです。連絡先はありません」

と。

 

では、どうすればいいのか?
サイトから問い合わせや、相違の報告を送っても

返信は

「順次受け付けしています。しばらくおまちください」という

用意された文章のみ。

 

受理されて、どのくらいで変更いただけるのか?

「数か月。いつとは言えません」 との回答。

 

数日経った今でも、何もかわらない。
何の連絡もない。

 

話しができた責任者の方と再度話をしたいと思っても・・私からは連絡できない。

連絡する方法がないらしい。
メールでなんとかやりとりできるよう約束した。

 

 

 

考えさせられる・・。

デジタル化で、便利な時代ではあるが・・。

人がつくったもによって、今や人がどうすることもできないことになっている・・。

恐ろしい。

 

 

siri もそう。

話しかけると、会話ができてしまう。

「○○の行きたいの?」と聞けば

「○○にあります。」と案内までしてくれる・・。

 

人は探究心を失い

考えることをしなくなってしまう・・。

 

 

あなたはどこで生まれたのですか?」と聞けば

「 私、Siriは、カリフォルニア州のAppleにより設計されました」と答える。

「お友達はいますか?」ときけば

「私の友達はあなたです」と答えてくれる。

「家族は?」

「あなたです」

「どこにいるの?」

「ここにいます」
~怖っ。~

 

 

心と心の繋がり
人の温かさも忘れていまうんじゃないかと・・。

 

 

 


理論物理学者の



スティーヴン・ウィリアム・ホーキング 博士の ショッキングな言葉を思い出す。

『人工知能の進化は人類の終焉を意味する』

 

 

追伸:ホーキング博士の半生を描いた映画

~映画:博士と彼女のセオリー。少し前にレンタル開始になってます~

◆解説


車椅子の物理学者スティーヴン・ホーキング博士の半生を描いた人間ドラマ。将来を嘱望されながらも若くして難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症した彼が、妻ジェーンの献身的な支えを得て、一緒に数々の困難に立ち向かっていくさまをつづる。監督は、第81回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作『マン・オン・ワイヤー』などのジェームズ・マーシュ。ホーキング役に『レ・ミゼラブル』などのエディ・レッドメイン、妻ジェーンを『あなたとのキスまでの距離』などのフェリシティ・ジョーンズが演じる。



 

 

 

この記事を書いた人

お気軽にお問い合わせください

メールでお問い合わせ

Copyright c 2015 - 2018 楓女性調査事務所 All Rights Reserved.