HOME > もみちゃんブログ > コラム,その他 > 本当にあった怖い話 『慌ててしまって…』

もみちゃんブログ

本当にあった怖い話 『慌ててしまって…』

おはようございます!

楓女性調査事務所、のんちゃんです。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

以前ご相談にお越し頂いたお客様。

ご主人が不倫していて、有給を取っている日が分り調査をしてほしいとのことでした。

有給の日は当社のスケジュールが込み合っている旨を伝え、来社頂く事になりました。

 


 

お電話頂いた時からかなり焦っているご様子であったものの、今までのご主人の行動パターンから別の日にも動く可能性があるため、有給に固執せずクライアント様が勤務される日か、若しくはご主人のお仕事がお休みでクライアント様が勤務される日の調査をご提案しました。

ご検討され再度ご連絡を頂くお約束でお帰りになりました。

 

 

数日後にクライアント様からお電話を頂いたら

実は…ご主人のメールを見てしまい、ご主人が有給をとった日に不倫相手と会うということで慌てて、別調査会社で契約してしまったとのこと。調査前日にご主人が外出しないことが分かり、契約した会社に連絡を入れたものの、キャンセルの出来ず、動かないと分かっているのに調査になってしまった。

契約がまだ残っている為、調査を引き続きしないといけないが、クライアント様がご契約された調査会社は今一つ信用できない。

「今更ですが言う事を聞いて、落ち着いて対応すればよかった。」「メールをいただいたになぜ連絡を入れなかったのか」「焦って行動してはいけないと聞いていたのに…。」と泣きながらお電話頂きました。

 

わざわざお電話を頂き、クライアント様のお人柄の良さが窺えたものの、焦ってしまったことから高い出費になってしまいました。残念です。もう少しどうにか時間を作り、当社と契約していれば、そこまで多額にはならず、クライアント様も使った分だけの納得のいくご請求の支払いでよかったのに…。これを反省し、このような被害を減らすために、改善していかなければいけないと思いました。

 

お気軽にお問い合わせください

メールでお問い合わせ

Copyright c 2015 - 2018 楓女性調査事務所 All Rights Reserved.