HOME > もみちゃんブログ > コラム,当社活動報告(研修・奉仕等・・),その他,メディア実績 > 2018.1.31【公開大捜索 】協力取材 和田竜人さんにエール

もみちゃんブログ

2018.1.31【公開大捜索 】協力取材 和田竜人さんにエール

楓女性調査事務所の近藤です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

昨年の TBS『緊急公開大捜査 2017夏』に続いて、

今回放送の『緊急公開捜査 2018春』に協力取材をさせていただきました。



今回、公開された『和田竜人さん』とは、一昨年の秋頃だったでしょうか・・
初めてお会いして、記憶に残る過去のお話を何度もお聞きしました。

放送された通り、彼は叔父さん宅で17年間にわたり軟禁。
自分が軟禁されていることに気づき、少しずつおじさんのお金を貯め、逃げだし現在に至る。

身元が判明していないため、彼に戸籍はない。

 

当時は、和田さんが虚偽をしているのではないか。という声も聞こえた。
正直、私たちも疑わなければならあいときもあった(仕事がら・・)

住んでいた部屋の間取り、部屋に置いてあった物、おじさんの車、逃げ出した時の所持金や服装、
ところどころの記憶は欠落しているが、記憶のあるとことだけをつなぎ合わせていく。

何度聞いても相違はない。

まずは彼と一緒に記憶を辿り車を走らせた。

愛知県と静岡県の県境の県道を歩いたことがわかった。
その後も、県境から静岡方面、名古屋方面と数百キロを走った。

『岡崎公園』を通過する際和田さんが「とまって!」と口にした。

岡崎公園内に足を踏み入れると・・
あたりを見回し、小走りに走り出した和田さん。
「ここだ! ここを覚えている。ここで休憩している。」と嬉しそうに大きな声を出した。

この姿を目にしたとき、とても嘘をついているように思いなかった。

発見されたときに履いていた 赤いスニーカー。
スニーカーの靴底はそんなに擦り減っておらず、彼が歩いたと推測されるショッピングモールの
靴屋さんへの聞き込みもした。

 

そんな様子を名古屋のCBC(TBS)で放送、私たちも取材協力させていただきました。

当初、和田さんは 顔を公開しない約束で マスクと帽子を着用。

公開することで、身元が判明すれば 戸籍ができる。
通常の生活ができるはずだが・・

軟禁されていた過去お恐怖が勝っていたのだと思う。



そして、今回『緊急公開捜査 2018春』生放送に出演。

放送前に、テレビ局の方から連絡を頂いていましたが
やっと身元がわかる=戸籍ができる。
戸籍ができたら、弁護士になる夢もかなう。

という嬉しい気持ちの反面、
結果によっては・・・と複雑な気持ちでした。



彼も不安だったはず。
知りたくもないことを知るかもしれない。
軟禁の恐怖や生活が変わってしまうこと・・などなど

それでも彼は

『希望』を捨てず、前を向くことを決断した。

屈託なく話をしてくれる顔
大ファンの乃木坂46の話をするときの笑顔。

 

放送後、さまざまな情報が飛び交っています。

DNA鑑定をするとかしないとか
警察の動きがどうだとか・・

 

そんなことはいいんです。

彼の記憶違いであったとしても
彼がだれであったとしても

彼自身が、受け止める決意で公開したこと。

記憶のない中、自分がだれなのかどうしてここにいるのかも
わからない環境で生活してきた事実。

そんな中で心を閉じることなく生きてきた彼にエールを贈りたい。

どうなるのかではなく、
ここまで生きてきた彼にエールを贈って欲しいのです

この記事を書いた人

お気軽にお問い合わせください

メールでお問い合わせ

Copyright c 2015 - 2018 楓女性調査事務所 All Rights Reserved.