HOME > もみちゃんブログ > コラム,動画 > 家出調査 子供への接し方② 親として子供にできること

もみちゃんブログ

家出調査 子供への接し方② 親として子供にできること

こんにちわ!
楓女性調査事務所 の 近藤かえで です。

昨日の『親の経験や世間体から無意識に子供に押し付けている・・』
続いて

今日は『親として子供にできること』について

お話しいました。

動画をどうぞ!



子供 と 親の人生は違う
わかってはいるんですよね。

子供が相談できる親子関係を築くためには
まず日常の会話から。

子供の話を最後まで聞く
耳が痛いですね・・。
ついつい、話の途中で 親の意見を言ってしましすよね。
(昨日お話しした 親の経験から、ついつい口をだしてしまう・・)

まず!全てを聞いてみる。
子供が何を考え、それに対して何をしようとしているのか。
(子供が何を考えてるんだかわかんない。ってことありますね。普段の会話で
子供の話の腰を折ってしまっているのがわかります・・反省。)

親が意見を言うときは、子供に承諾を得る。「お母さんの意見を言ってもいい?」と。

子供の考えや何かを「やってみよう!」とすることが
他人に迷惑かけることや生命にかかわることでなければ

肯定する。そして子供が考えた通りに経験させてみる

そうすることで、子供は親からの信頼を感じる・・。

親の経験したことを押し付けるのではなく、
子供自身で考えたことを 経験させてみるってことですね。

親は何れ子供と離れるときが来ます。
自分の子どもに自立して生きていく力を付けてもらう。
これが、親として子供にできること。

明日は、『子供がやってみたけどできなかったとき』について
話してみたいと思います。

 

家出調査 名古屋市楓女性調査事務所
https://www.kaede-tantei.com
http://www.kissho-research.co.jp

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

お気軽にお問い合わせください

メールでお問い合わせ

浮気妻の調査なら名古屋の楓女性調査事務所へ

Copyright c 2015 - 2019 楓女性調査事務所 All Rights Reserved.