HOME > もみちゃんブログ > コラム,動画 > 男性の暴力(DV)③改善できる可能性のある場合  ~スイッチを探る~

もみちゃんブログ

男性の暴力(DV)③改善できる可能性のある場合  ~スイッチを探る~

こんにちは。近藤かえでです。

今日も(株)オリーブ代表取締役石野敬子さんと

男性(夫)の暴力 改善できる可能性についてお話ししました。

動画をどうぞ↓



夫は元々暴力を振るう人でない場合は、

奥様が 夫を怒らせてしまう・・

夫の感情がコントロールできないような

言葉や態度がなど・・

結果的に暴力を振るう要因(スイッチ)を押してしまっていることが

あるのかもしれません。

 

だとしたら、

何がスイッチなのかを知ることで、回避できる可能性が

あるということです。

 

けんかや言い合いが始まってしまうと

スイッチを探るような余裕はないのかもしれません。

 

では

暴力に至った経緯を 思い出してみましょう。

 

夫のプライドを傷つけるような言葉、言い方

夫のことを責め立てるような言葉、言い方

などしていませんか。

 

そんな言葉が積み重なり

たまたま 仕事で何かあった

ある日、突然に・・

耐え切れなくなって 暴力に至っているのかもしれません。

 

ようするに

スイッチを押さなければ暴力には至らないということです。

 

 

一度振るってしまった暴力。

習慣的になってしまうこともあります。

 

すぐに、スイッチ探しを始めましょう!!

 

自分でスイッチが探せない場合は

やはり第三者に相談し、

暴力が習慣にならないように

エスカレートすることを防ぎましょう。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

お気軽にお問い合わせください

メールでお問い合わせ

Copyright c 2015 - 2018 楓女性調査事務所 All Rights Reserved.